スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

買取後の自動車の行方

今まで乗っていた愛車が手放した後って気になりますよね。
様々なパターンがありますが代表的な買取・廃車後の流れです。

買取に出した車は、

・業者間ルートを経て国内で販売
・オークションなどのダイレクト販売
・海外輸出として第二の人生を歩む

廃車の場合は、

・部品別に分解し中古部品として販売(パーツ取り)
・貴重な金属資源として輸出(主に中国など)
・プラスチックなどは再生部品へ


2005年に自動車リサイクル法が施行されていること、リサイクルに対しての意識向上から不法投棄は減っており、専門店で適正な手続きが行われています。

買取後の自動車の行方  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

廃車の場合

買取の場合はその後、中古車として出回ることが前提ですので買取店から指示のある手続きをすればまず問題ないのですが、廃車の場合は「車両を使わない」という扱いにするため「抹消手続き」をする必要があります。ですので、専門店に引渡し、解体するだけでは廃車にはなりません。抹消手続きには2種類あります。


永久抹消登録

車を解体し車両としての役目を終わらせる場合は永久抹消登録をします。この手続きをせずにいると、たとえ車を使っていなかったり存在しなくても登録上は生きているので税金が請求されます。

一時抹消登録

なにかしらの理由で長期間自動車を使用しない場合、すなわち再使用する可能性がある場合は一時抹消登録をします。やはりこちらも手続きをせずにいると、たとえ車を使っていない場合でも税金が請求されます。


廃車と同時に専門店に依頼することもできますが、手数料が取られます。ですので、少々の手間と時間を使いますが、最寄の陸運支局へ行き、自分自身で手続きを行うと手数料を浮かすことが出来ます。手続きはさほど難しくはなく、聞いたら親切に教えてくれますので勉強のためにもご自身で行ってみるのもいいかもしれませんね。

廃車の場合  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT

copyright © 自動車保険と自動車買取 all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。